吃音MRMの効果を実証〜購入し実践〜

吃音MRM(MRM吃音改善プログラム)の効果

吃音MRM(MRM吃音改善プログラム)は本当に効果があるのか?

 

吃音MRMで治ったのか、それとも治らないのか、実際に吃音者が体験した口コミを知りたいですよね。

 

 

そこで、吃音歴20年の私が吃音MRMを購入し、実践し、その効果を実証してみることにしました。

 

目次
・吃音MRMを6週間実践してみました
・吃音MRMの効果

 

⇒MRM吃音改善プログラムの公式サイトはこちらです。

 

 

吃音MRMを6週間実践してみました

 

吃音MRMの内容は、大きく2つのステップに分類されています。

 

第1ステップ 『パラダイムシフト編』
第2ステップ 『マインドシフト編』

 

 

 

第1ステップ 『パラダイムシフト編』

 

ここではまず吃音の原因を知り、吃音を改善するために取り組むべき流れを勉強します。

 

マニュアルは164ページのボリュームですが、今まで知らなかった自分の吃音の原因が分かるので興味深く読むことが出来ました。

 

そして吃音の正体が分かったことで、そうだったのか!と納得することが出来て、スッキリした感じです。

 

吃音の正体を知っただけで吃音が改善してしまった人もいるそうですよ。

 

それだけ吃音者自身も真の吃音の正体が分かっていないのかもしれませんね。

 

 

 

第2ステップ 『マインドシフト編』

 

ここからがマニュアルとビデオセミナーを見ながらの実践に入ります。

 

脳は実際の経験と想像上の経験をごっちゃにしてしまう傾向にあり、
想像上の経験が具体的であるほど事実と認識してしまいます。

 

これを逆手に利用して、成功する具体的な想像をするのです。

 

吃音MRMではこれを「潜在意識を書き換える」と表現しています。

 

 

具体的な方法はエクササイズを定められた順番に行います。

 

イメージを膨らませて、未来や過去の自分を客観的に見るトレーニングです。

 

スポーツ選手がいうイメージトレーニングと同じものだと思います。

 

 

エクササイズは3つに分かれています。

 

1.一度で完結するエクササイズ
2.必要な時にその都度行うエクササイズ
3.毎日繰り返し行うデイリーエクササイズ

 

この3つを1週間単位で行います。

 

3つ全てを行うのは最初の1日だけ。

 

2時間ほど時間が必要です。

 

あとの2〜6日目はデイリーエクササイズのみ行えばいいので、20分程度で出来ました。

 

 

だから私は日曜からスタートして金曜まで毎日行い、土曜は休憩日にしました。

 

これを6週間を繰り返し行いました。

 

 

 

吃音MRMの効果

 

吃音MRMのエクササイズは成功を具体的にイメージするトレーニングのようなものです。

 

少しコツがいるかもしれません。

 

初めはなかなか上手くイメージできないのですが、
続けるうちにだんだんイメージが具体的になっていきます。

 

モノクロだった世界が少しずつカラーになり、
平面的だった空間が立体的になり、
最後は音や感覚までも感じるようになります。

 

吃音者は感受性が高い人が多いので、
こういったエクササイズは得意かもしれませんね。

 

何度もトレーニングすることで、誰でもイメージできるようになるはずです。

 

 

6週間経った頃、自分の中でかなり変化を感じることが出来ました。

 

何かをする前に、事前に成功のイメージを創造できるのです。

 

 

もちろん成功のイメージとは、すらすら詰まることなく話し出すイメージです。

 

そのイメージ通りに喋りはじめると、言葉のはじめも詰まらずにすらすら喋れるようになったんです!

 

 

その成功体験を何度も経験するうちに、だんだん事前にイメージしなくても成功するようになってきました。

 

もう吃音だったことさえ忘れてしまうくらいに。

 

 

つまり、吃音MRMの効果はありました。

 

私の吃音はほぼ6週間で消えてしまいました。

 

吃音MRMの効果を実証できたことをご報告させていただきます。

 

 

もっと詳しい内容を知りたい方は公式サイトをご覧ください。

 

⇒MRM吃音改善プログラムの公式サイトはこちらです。

 

 

 

 

吃音改善プログラムの口コミ(病院とは全く違う治療法)mrm吃音改善プログラムのダウンロードの案内【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの内容mrm吃音を実際に購入し実践し改善したブログ吃音の中村しょうとはどんな人?MRM吃音の評価レビュー

page top